Miholly Times

京都から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

ドリップコーヒーを自宅で美味しく作るコツを紹介します!

  こんにちは、みほーりーです!

 

外出自粛がつづいて、気が滅入ってしまいますよね。ふだん、通っているカフェで落ち着いたりできないのも悩みどころです。。

 

この記事は、

    • 外出自粛でお気に入りのカフェにいけない
    • 美味しいコーヒーがのめなくてつらい
    • 家でいてもリラックスできない

と感じている方に書いています。

 

そんな皆さんにぜひともおすすめしたいのが、家でコーヒーをハンドドリップするということです。

 

f:id:miholly:20200419093241j:plain

 

 

いつものコーヒーにすこしだけ手間と時間を加えるだけど、とてもリラックスした気分になることができますよ。

 

それでは、こんなトピックに沿って、話していきたいと思います。

  1. コーヒー豆を準備しよう
  2. ハンドドリップするための器具を準備しよう
  3. コーヒーを抽出してみよう
  4. まとめ

 

コーヒー豆を準備しよう

 

そもそも美味しいコーヒーの一番大事なポイントはなんでしょう?

それは、、美味しいコーヒー豆を準備することです!

 

f:id:miholly:20200419093006j:plain

 

買ってから時間が経ったコーヒー豆だと、良い香りが飛んでしまっていたり、空気にふれると酸化が進んでうまみがなくなってしまったりします。まず、美味しいコーヒー豆を調達するために、できることを確認しましょう。

 

美味しいコーヒー豆のポイント

  1. 専門店にいってみる
  2. 挽きたての豆を使う
  3. 正しい挽き具合を確認

 

コーヒー豆はいつもどこで購入されていますか?

もし普段スーパーとかですませているという方であれば、どこかの専門店で買ってみてください。専門店といっても、スターバックスタリーズでもいいですし、カルディーなど気軽にコーヒー豆を調達できるところはたくさんありますよ。

 

普段行かないようなお店で豆を選ぶ方が、気持ちもワクワクするかもしれませんね!

 

*ちなみに、みほーりーはカルディーの大ファンです。 味とコストのバランスが最高です(^^)/

 

選んだコーヒー豆は挽いてもらいましょう。ドリップコーヒー向けには中挽きがおすすめです。

 

参考までに、コーヒー豆にとっての大敵は空気(酸素)です。豆を挽くと細かくなるので、空気に触れる表面積が増えます。そうすると、空気の酸素と触れて参加が早く進みますので、コーヒーの香りや風味が飛んでしまいます。

 

挽いたあとはできるだけ、早く使用すること。そして保存するときも密閉したキャニスターを使用して、光や空気に触れさせないというのが大事ですよ。

 

 

ハンドドリップするための器具をそろえよう

 

ハンドドリップするために必要な器具を確認していきましょう。

 

ハンドドリップに必要な器具

  1. ドリッパー
  2. ペーパーフィルター
  3. コーヒーポット

 

f:id:miholly:20200419093435j:plain

 

まずは、ドリッパーを手に入れましょう!

ドリッパーといっても様々なタイプがありますが、ペーパーフィルター型かステンレス型か選ぶことができます。

 

ペーパーフィルター型はもちろんコーヒーを淹れる都度、フィルターを交換する必要があります。コーヒーの油分や細かな雑味もフィルターを通すことで部分的に吸収されますので、よりすっきりとした味わいになります。

 

f:id:miholly:20200419093252j:plain

 

ステンレス型は、フィルターを使用することなく、直接コーヒーを淹れることができます。なんといっても、ペーパーフィルターがいらない分、ごみも出ないしスマートなところがおすすめポイントです。フィルターを通さない分、コーヒーの油分や風味がしっかりでるので、より味を楽しみたい方にはおすすめです。

 

f:id:miholly:20200419093517j:plain

 

ハンドドリップするためには自分でお湯を入れる必要があるので、ドリップケトルがあればよいですね。

 

早速ハンドドリップしてみよう

 

① フィルターの中に豆を入れる

豆の量の目安としては、1人前で10g、2人前で18gです。

次の蒸らしが均一にできるようにやさしく振って、粉を平らにしてあげてください。

 

f:id:miholly:20200419093632j:plain

 

② 粉を蒸らす

コーヒーポットで粉から3 - 4cmほどの高さからお湯を粉全体を湿らせるようにそそぎます。粉の周縁部やフィルターにはお湯をかけないように注意してください。すると、豆全体がプクーっと膨張してきますので、そのまま 20-30秒ほど蒸らしましょう。

 

 f:id:miholly:20200419093712j:plain

 

③ お湯を注ぐ

「の」の字を描くように、細くゆっくりと2回目のお湯を注ぎます。再度、粉が膨張してきます。その後、お湯がサーバーに落ちきる前に3~5回目のお湯を注いでいきます。

 

f:id:miholly:20200419093311j:plain

 

④ ドリッパーを外す

サーバーの人数分の目盛りまでコーヒーが落ちきったら、フィルターの中にまだお湯が残っていたとしてもドリッパーをはずします。

 

f:id:miholly:20200419093836j:plain

 

⑤ 完成!

お気に入りのマグカップに注いで、コーヒーを楽しみましょう!

 

f:id:miholly:20200419093913j:plain

 

きっと完成したころには、部屋がコーヒーの香りであふれるように、なっていると思いますよ😀

 

 

まとめ

 

ご自宅でドリップコーヒーを作る方法を簡単にみてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

実際に作っていただくと実感すると思いますが、ドリップコーヒーをつくることで五感を通じてコーヒーを楽しむことができます。

 

コーヒー豆を自分の目で見て選んだり、お湯を注いでコーヒーが落ちるかすかな音を聞いたり、部屋に広がる香りを感じたり、もちろん最後には美味しく味わいます。この一連にプロセスでスローライフを感じることができて、心も自然と落ち着いてリラックスできるのが、みほーりーがドリップコーヒーをぜひオススメしたい理由です!

 

是非、試してみてくださいね。

 

参考までに、この記事にみほーりーが愛用しているコーヒードリッパーも紹介しているので、よかったら覗いてみてくださいね。

 

miholly.hatenablog.com

 

それでは、また😄