Miholly Times

京都から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

ホットクックで作るカボチャのポタージュ!簡単で美味しい~。

こんにちは、みほーりーです。

 

みほーりーの食卓では、ホットクック活用するのが

ほぼ定番となっています。

 

その中でも間違いなく1番作っているメニューが、

カボチャのポタージュです!

 

f:id:miholly:20200517211223j:plain

 

初めて作ったときの美味しさに感動して、

その後スーパーに買い物に行くたびにかぼちゃを買って、

作っていますよ。

 

ホットクックに興味があるけど、

まず手軽にどんな料理ができるのか知りたい!という方にも、

是非チェックしていただきたいメニューです。

 

簡単で、美味しい!

みほーりーは大好きですよー。

 

目次

  1. 準備するもの
  2. ステップ① 野菜を切る
  3. ステップ② 水と牛乳の量を計算する
  4. ステップ③ 塩で味を整える
  5. ステップ④ ホットクックのスイッチON
  6. ステップ⑤ 完成
  7. まとめ

 

準備するもの

  • かぼちゃ  (1/4  カット)
  • 玉ねぎ (みじん切り)  1玉
  • 塩 
  • 牛乳

*かぼちゃ 1/2カットでも対応可能です。 

*塩/水/牛乳は都度計算します。

 

ステップ① 野菜を切る

 

まずは、カボチャをぶつ切りにします。

この時、気持ち少し細かく切っておいた方が、

ホットクックが混ぜてくれるときに、出来上がりがサラサラになりますよ。

 

その後、玉ねぎをみじん切りにします。

かぼちゃを1/4カットを使用したときは玉ねぎは1個、

1/2カットのときは玉ねぎ2個くらいが目安となります。

 

できたら、これをホットクックの内鍋に入れましょう。

 

こんな感じです↓

f:id:miholly:20200517210830j:plain

 

ステップ② 水と牛乳の量を計算する

 

玉ねぎとカボチャをいれたら、その重量を測ります。

その重量を基に、必要な牛乳と水の量を調整しますが、

 玉ねぎとカボチャの総重量と同量を、1:1の比率で準備します。

 

 例えば、カボチャと玉ねぎの重量が400グラムだったら、

水と牛乳を200グラム: 200グラムにするというイメージです。

 

ホットクックの内鍋に食材を入れてしまったら、食材だけの重量を図るのが

難しくなりますので、事前に内鍋の重量を図っておきましょう。

 

みほーりーが仕様しているホットクック (KN-HT99A)の内鍋の重量は

679 グラムなので、重量も図るときもメジャーに表示された重量から

679グラムを差し引いて計算しています。

 

  • 表示された重要: 1,079 グラム
  • 食材の重量: 1,079 グラム -  679 グラム = 400 グラム

 

計算ができたら水だけ内鍋に加えましょう。

(牛乳は最後です)

 

ステップ③ 塩で味を整える

 

 次に塩で味を整えますが、最終的に内鍋に入る食材の総重量の0.6%を入れます。

今回の場合だと、下記のような計算になります。

 

  • かぼちゃ+玉ねぎ: 400 グラム
  • 水: 200 グラム
  • 牛乳: 200 グラム
  • 合計: 1,000 グラム ・・・(A)

 

(A) の 0.6%は6.0グラムですので、この分量の塩を内鍋に加えてください。

 

ステップ④ ホットクックのスイッチON

 

ホットクックを手動モード 1-1 (まぜ技ユニットあり)で30分間調理します。

 

できたら、一気にスープのようになってきましたよ↓

f:id:miholly:20200517211000j:plain

 

ステップ⑤ 牛乳を足す 

 

ホットクックの調理が終わったら、最後にステップ②で図った牛乳200グラムを

加えて、さらに5分間延長して調理を行います。

 

牛乳をいれて、コクとまろやかさをプラスしましょう↓

f:id:miholly:20200517211055j:plain

 

完成

 

完成アラームが鳴ったら完成です!

 

美味しそう~~!

f:id:miholly:20200517211143j:plain

 

塩だけの味付けであっても、かぼちゃのコクをしっかり感じることが

できるのがすごいところです。

 

まとめ

 

ホットクックで作るのにまずオススメな

カボチャのポタージュを紹介させて頂きました。

 

このレシピではまず用意した

カボチャと玉ねぎの重量に応じて、

食材の量を調整することが出来るので、

その時々に柔軟に対応できるのが気に入ってます。

 

付け加えておきたいのが、使うカボチャによって味が変わりますので、

色々なカボチャで試してみて、お気に入りのを見つけるといいですよ。

 

みほーりーは、なるべく固くて、

色の濃いカボチャを見つけるようにしています。

 

このポタージュを知ってから、カボチャの消費量がとっても増えましたよ!

手軽に美味しく野菜の栄養も取れるし、大満足ですよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

それでは、また(o^^o)