Miholly Times

関西から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

1万歩ウォーキングを2か月継続して感じる6つの効果

こんにちは、みほーりーです!

 

コロナによる外出自粛のなか、日々の運動を取り入れてる方も多いのではないでしょうか。

 

みほーりーは緊急事態宣言が出た4月から運動不足解消のためウォーキングを初めましたが、実は最近ではもうそれが楽しくなってしまっています!既に二か月以上1日1万歩~2万歩歩くことを継続し、今ではほぼ習慣化しています。

 

それにウォーキングを習慣化する前と後では気分も考え方も大きく変わっていて、総じてとてもプラスの影響を及ぼしていると実感しています(^^)/

 

ウォーキングはすぐに誰でも始められる、一番身近で気軽な運動です!今日はそんなウォーキングを続けることで感じられる前向きな変化について紹介したいと思います。

 

運動不足になっているかなと考えている方へ、是非参考になれば嬉しいです。

 

f:id:miholly:20200717001155j:plain

 

 

1)身体を健康的に鍛えられる

 

ウォーキングは継続することで、確実に体力がつきますし、筋肉も引き締まってきます。この時に大事なのは意識的に胸を張って、背筋を真っすぐに伸ばすこと。

 

これによって背筋と腹筋に適度な刺激を与えられ、インナーマッスルが鍛えられます。インナーマッスルというのは、身体の深くにある筋肉でこれを鍛えることによって、身体がより柔軟にしなやかになりますし、更に基礎代謝もあがりますので、ダイエットにも効果ありです。

 

ウォーキングを始めたばかりの頃はしんどくて、筋肉痛になることもあるかもしれないですが、だんだんと身体も慣れてくると疲れにくくなってきます。

 

また、身体を鍛えるためにいくつかのルールを作ってみるのも良いですよ。例えば、道中で歩道橋も見かけたら、まず登ってみること! 足腰を手軽に鍛えることができます。いつもの通勤路で使える無料のトレーニングマシン、と思ったら素敵ではないでしょうか。今では、みほーりーは歩道橋を見たら、自然と足が登ってしまうようになっています! 

 

2)集中力が高まり、頭での考えがすっきりまとまる、

 

何か悩んでることとか、考え事があるとき、家の中でずっと悩んでても、何の解決策も思いつかない。。ということはありますよね。

 

そんなときは、是非ウォーキングをしてみてください。綺麗な景色でリフレッシュしながら歩くことで、新鮮な空気も取り込み、頭の回転もよくなります。歩いているうちに段々と考え事がまとまってくるのが実感できると思います。

 

ウォーキングをすると思考力が改善し、若返りの効果もあるという研究も発表されています。

 

www.cnn.co.jp

 

 

みほーりーはブログで何を書こうかなと考えるときは、「これだ!」というトピックを決めた後は、歩きながら頭の中で自然と出てくるアイデアをまとめていくのが日課となっていますよ。

 

3)ネガティブな思考が一転、ポジティブに!

 

一つ試してほしいのですが、不思議なことにウォーキングをしているとネガティブなことを考えなくなるんです!

 

ここで、補足をしておくとウォーキングをするという事は意識的に胸を張って前を向いて歩くということ。元気がなくて、下を向きながらトボトボ歩いていると、気持ちもますます沈んでしまいますよね。これとは全く異なります。前を向いてウォーキングしていくと、徐々に頭に新鮮な酸素が回ってきて、マイナスの思考が一転して逆回転し、ポジティブシンキングに変わっていきます。

 

悩みや嫌なことがあった時、もしくは何事も気持ちがのらない、、そんなときこそ、ウォーキングをして頭をすっきりさせてみませんか(^^♪

 

4)自然の移り変わり感じる

 

ウォーキングを始めると、皆さんはそれぞれ身近の公園などや近所の商店街など、日常的なお散歩コースが出来上がってくると思います。

 

初めはウォーキングに集中していて、特に何かを感じるわけではないですが、毎日そのコースを継続して歩いていると、段々と自然や風景の細かい変化に気づいてきます。

 

みほーりーが毎日散歩する公園でも、スズメやハトはもちろんですが、ある日、ツバメやムクドリが飛んでいるのに気づきました。その後、鳥の巣を見つけたり、いろんな種類のワンちゃんも観察したり、見たこともないお花を発見したり、、そんな風景の些細な変化を観察しながら歩くと落ち着いた気持ちにさせられますよ。

 

そして、たまにレアキャラに遭遇するときもあります。

 

たとえば、亀!

 

f:id:miholly:20200717001725j:plain

 

川の近くではありますが、それでも川辺からは200mくらい離れているのに、なぜここに?と思うくらいです。出会ったのはそのただ一日のみでしたが、毎日歩いていたからこそ遭遇できたレアキャラだと思ったら、楽しい気分になりませんか。

  

5)達成感を感じる

 

みなさんは最近達成感を感じていますか?

 

達成感を感じる時は試験に受かったり、会社での目標を達成したりするときだと思いますが、そう人生で何度も達成感を味わう機会はありません。その点、ウォーキングであれば、たとえば毎日1万歩を歩くという目標を設定すれば、頑張り次第で毎日達成感を感じることができます。

 

みほーりーも初めは歩くことは決して好きなタイプではなく、1万歩も大変だなという印象を持っていました。ただ、目標を設定してからは、どうやったら1万歩を歩けるのかと自然と考えるようになりました。

 

例えば、休日に梅田まで出かけるのに電車に乗っていた距離を、1-2駅分は歩くというルールを決めただけで、往復で3,000-4,000歩は歩くことができます。これに加えて、いつもより少し朝早起きして公園への散歩もできたら、それで5,000歩です。このような決め事を重ねていくと、割と自然に1万歩は歩けるということがわかりました!

 

あとは決めたことを繰り返して、習慣化するまで頑張ること。

 

みほーりーは今では、梅田までは途中の駅から歩いていくことが当たり前になっているため、電車で往復することがちょっと後ろめたくなってしまうくらいですよ笑。目標を決めた後にそれを達成するための方法を考えて、それをクリアする。そのように、毎日達成感を感じるのはちょっと良い気分です。

 

みなさんも、いかがでしょうー?(o^^o)

 

6)おやつを食べたくなくなる

 

そうなんです! ウォーキングを継続すると、おやつを食べなくても良いかなぁって思うんですよ。

 

たとえば、1日に1万歩や2万歩を歩くとアプリとかで何カロリーを消費したということが表示されるんですね。たとえば、1時間歩いて350カロリーを頑張って消費したのに、このクッキーを2枚食べてしまうだけど、それが帳消しになってしまうなんて。。という考えを巡らせていくと、意外に「じゃあ、食べなくてもいいやー」と、自然と思うようになります。

 

そもそも、人間は誰でも「満たされたい!」という欲がありますよね。

 

もし、運動をせずに家にステイホームしてたら、きっとお菓子を食べて食欲を満たしたり、ゲームをして気持ちを満たすということは、ついやってしまうことだと思うんです。お菓子を食べると一時的に食欲は満たされますが、チップスの空の袋をみたら、「あー、たべてしまった。。」と、後ろめたい気持ちにもなるかもしれません。

 

ここでウォーキングをすると、それだけで「1万歩歩いた!」という達成感を感じることができるよので、それだけで結構気持ちも満たされます。気持ちを満たすのは食欲だけではないんです。そして、運動をすることは健康にもよいことだから二重に嬉しいですよね。

 

まとめ

 

みほーりーは平日は1万歩、週末は2万歩くらい歩くことが習慣化してきました。これは、本当にコロナ前では考えられなかったことです。

 

そしてウォーキングを始めると、ストレッチもしてみよう、ヨガもよいかも、、あっ、それなら、動きやすいスポーツウエアを見てみよう、、といった具合に、自分の新しい「興味」に気づくことができて、今までにない自分を再発見できている気持ちを楽しんでいます♪

 

外へ出て、歩いてみる。

 

これだけで、毎日が大きく変化するかもしれませんよ。

是非みなさんもスニーカーを履いてウォーキングをしてみませんか?

 

15,000歩以上のウォーキングに関する記事もアップしていますので、よかったらこちらも読んでみてくださいね。

 

www.mihollytimes.com

 

それでは、また(^^)/