Miholly Times

関西から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

アクオスサウンドパートナー(AN-SS1)でウォーキングを更に楽しくしよう!

こんにちは、みほーりーです!

 

最近は、すっかりウォーキングが日常に定着してきました(^^)/

 

f:id:miholly:20200731220626j:plain

 

でも、ただ歩くだけだったら少し物足りないですし、どうせだったら楽しく好きな音楽を聴きながらウォーキングしたいと思いませんか?

 

その時いつも持っているイヤホンだったらケーブルが少し邪魔。。

今、どんどん普及しているフルワイヤレスイヤホンも汗をかいてしまうと、少し気になる。。など一長一短でなんです。

 

そんな色々なイヤホンを試してみましたが、みほーりーが最終的に毎日のウォーキングに持ち歩く相棒として選んだのは、アクオスサウンドパートナー(AN-SS1) です!

 

f:id:miholly:20200731220713j:plain

 

目次 

 

アクオスサウンドパートナーって何?

 

シャープから発売されている、耳を覆うことなく音楽を再生することのできる、首にかけるタイプのウェアラブルスピーカーです。耳をふさがないので、音楽に包まれているような気分にさせてくれるんですよ。

 

このサウンドパートナーはウォーキングをする際には、とても適しているポイントがたくさんあるので、それを紹介していきますね。

 

サウンドパートナーのおすすめポイント

 

すごく軽い!

一番はこれです!サウンドパートナーの本体重量は88g ととっても軽いんです。他のウェアラブルスピーカーと比べても突出して軽いです。

 

主なウェアラブルスピーカーの重さ

・シャープ サウンドパートナー   88g

・JBL  SOUND GEAR       370g

・SONY  SRS-WS1                               335g

 

みほーりーが一度歩きに行くときは1-1.5時間ほどの外出になりますが、サウンドパートナーをつけていてもこの軽さでしたら全く気になりません。たまに、電源をOFFしているときなんて、つけているのを忘れていた、なんてこともありますよ。

 

他のモデルをもし持っていたら、たぶんそもそも、家での使用がメインであって、外出するときにつけていこうとは思わなかったかもしれません。

 

耳をふさがないことは思ったより快感

 

ウォーキングするときは、公園とか自然があって開けた場所に行くとリフレッシュして気持ちいですよね。その時って、見る景色だけではなくて、ちょっとした自然の音とか、鳥とか昆虫の鳴き声とかも一緒に聞くのも、大事かなって思います。

 

イヤホンだと、そんな音を全部ふさいでしまいますが、サウンドパートナーであれば、そうした音も聞きながら、好きな音楽をBGMみたいな感じで流すことができます!

 

https://jp.sharp/soundpartner/product/anss1/

 

この自然と景色と一体になった感じがなかなか心地よいですよ。

 

それから、イヤホンを長時間耳につけていると耳が痛くなってくると気がありますよね。サウンドパートナーの場合はそれがないから長時間つけていても気になりませんよ。

 

https://jp.sharp/soundpartner/product/anss1/

 

アウトドアウェアにもマッチングする

 

最近、特に思うのはサウンドパートナーにはカラーバリエーションがたくさんあって、それがウォーキングとかアウトドア用のウェアとのすごく相性が良いなってことです。

 

f:id:miholly:20200731172333p:plain

 https://jp.sharp/soundpartner/product/anss1/

 

みほーりーが使用しているのはホワイトカラーですが、いつも着用しているアップルのアップルウォッチ(白)とすごくよくマッチングします。

 

f:id:miholly:20200731174637p:plain

 

なんか純正の組み合わせみたいで、出かけるときにちょっとテンションが上がります!

 

選ぶときにブルーも落ち着いた感じながら、金色のラインが入っていて、よいアクセントになっていますよ。男性には、黒やブルーが人気かもしれませんね。

 

家のテレビの音も聞くことができる

 

家でももちろん活躍します!

 

とくに、サウンドパートナーには、テレビのヘッドホン端子に接続する、BLUETOOTH送信機が同梱されています。これを使用すると、テレビの音声をサウンドパートナーから最大2機から、流すことができます。(テレビから最大10メートル以内)

 

どんな時に使用するかというと、料理の準備をしているときですね。自宅はLDKなんですが、キッチンはテレビと逆方向を向いていて死角になっているので、料理しながらテレビを見るってことはできないんです。その時にサウンドパートナーだけつけておくと、クリアな音声で、テレビ番組をフォローすることができるので、それだけでもストレス改善しますよ。

 

https://jp.sharp/soundpartner/product/anss1/

 

ニュースとか、バラエティー番組だったら、意外と音声だけ聞いているだけで十分だったりします。

 

あとは、家族が寝静まった後にテレビを見るときとかにも使えますね。みほーりー宅では、私は結構早く寝てしまうんですが、夫が夜のニュースとかを観るときはサウンドパートナーで観るようにお願いしたりしてます。(平日23時からの「ワールドビジネスサテライト」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」とかです)

 

サウンドパートナーのデメリット

 

さて、ここまでサウンドパートナーの良いところをたくさん書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。みほーりーが認識しているデメリットをいくつか説明しますね。

 

やっぱり音漏れする

 

スピーカーが外を向いていることもあって音漏れはしっかりします。笑

音量が大きめだと、室内であれば周囲2-3メートルの人なら結構聞こえるくらいの音量です。なので、サウンドパートナーはちゃんとどこで自分が使いたいかということを考えた上で選ぶのが良いとおもいます。

 

色々なシーン別でのおススメ具合をまとめるとこんな感じになると思います。

 

シーン別おススメ度

  • 室内(一人)  ◎
  • 室内(複数)  〇
  • 電車/バス    ×
  • 車       ◎
  • ウォーキング  ◎

 

 音質は低音は軽め

 

軽いことがサウンドパートナーのメリットですが、その分スピーカーの音も比較的軽めな音作りです。高音と中音は割りとキレイに伸びますが、低音はあっさりした表現です。

 

もし、サウンドパートナー(AN-SS1)に本格的な音質を期待すると、がっかりされるかもしれません。

 

ただ、おすすめシーンで使用するためだったら、じっくり音を鑑賞するわけでもないので、問題ないと思いますよ!

 

紛失リスクがある。。

 

そんなバカなぁー!と思いつつ、本当なんです。。。!

 

実はみほーりーが愛用しているホワイトモデルは2代目なんです。前に黒いサウンドパートナーを使っていたんですが、ある日ウォーキングに行った後に気が付いたらどこにも見当たらず。。

 

既に、音楽を聴いていなくても習慣で首につけていたので、あるのかないのか、あまり気にしないままウォーキングをしている状態でした。おそらく、どこかに落としてそのままなんだと思いますが、結構ショックでしたよ!買いなおすのも凹みますし。

 

そんな、意外なリスクがあることも覚えといてくださいね。

 

まとめ

 

最近ウォーキングを始めたという方で、音楽をBGMとして聴きながら、より楽しみたいたいなら、アクオスサウンドパートナーはとってもおススメです。

 

ここに書いたように、使用するシーンによって得意不得意はありますので、ご自身の希望用途に合わせて検討してみてくださいね。

 

みほーりーは今では、毎日1万歩以上は当たり前になって、平均でも1万5千歩ほどは歩くようになってきましたが、サウンドパートナーはまさにその名のとおりパートナーとして、首にかけながらウォーキングを楽しんでいます!

 

せっかくなので、目一杯楽しむために、サウンドパートナーでBGMを加えてみるのはいかがでしょうか?

 

 

お気軽に試したいという方でしたら、旧モデルが結構お求めやすくなっていました!(みほーりーが持っているのはこっち)

 

 

これからも、ウォーキングを楽しむためのアイデアを発信していきますね! 

 

それでは、また(^^)/