Miholly Times

関西から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

20種類のスパイスでお家で簡単に自家製カレー粉を作ってみる!


こんにちは、みほーりーです(^^)/

 

みんなが大好きな料理といえば、カレーですよね!子供から大人まで大好き。味もトッピングも変化させていくと、一般的な料理でありながら、とても奥が深いと思います。

 

そんなみんなの人気者のカレーですが。多くの人は一度はカレールーではなくて、自分でスパイスからカレー粉を作ってみたい!と思ったことはあるんじゃないでしょうか。

 

よくアジアの市場で山のように盛られて盛況に販売されているスパイスをテレビで目にすることはありますが、異国情緒も感じられてワクワクしませんか!特に、料理をしたい男性とかも憧れるんじゃないかなと思っています。

 

でも、スパイスとかどこで購入したらいいかわかんないし、そもそもどんなスパイスがあるのかすらわからないですよね。

 

f:id:miholly:20200912222144j:plain

 

そこで、今回は自宅で自家製カレー粉をつくってみたい!と考えている方の参考になればと思い、おすすめのスパイスセットとカレー粉の作り方について紹介させていただきます!

 

朝岡スパイス カレー粉セット

 

今回、みほーりーが使用したのは朝岡スパイスです。朝岡スパイスは世界中のスパイスや香辛料を取り扱っており、ウェブサイトを見ているだけでも、当たりしいスパイスの発見があります。東京近辺には直営店もあるみたいなので、また東京に行く機会があったら見に行ってみたいです。

 

www.asaokaspice.co.jp

 

朝岡スパイスは創業以来、
"スパイスの素晴らしさを日本の食卓に"をモットーに
世界中から本物のスパイスだけを選りすぐり、
スパイス本来の香りや色を生かす製法や高品質で多彩な品揃えを
頑ななまでに守りつづけています。

~会社案内より~

 

今回のカレー粉を作るために使ってみたのがこの手作りカレー粉セットです(↓)

 

f:id:miholly:20201003230957j:plain

 

スパイスの種類

 

早速ですが、カレー粉セットに含まれるのは20種類のスパイスです。こんな感にスパイスを並べてみましたが、机に乗り切らないほどたくさんで驚きましたよ!

 

f:id:miholly:20201003231028j:plain

 

具体的なスパイスはこの通りとなっています。ターメリックとかコリアンダー等、カレーのスパイスとして割と有名で知っているものもありますが、ディル、サボリ、スターアニス等、初めて知るスパイスもあって楽しいですよ。

 

f:id:miholly:20201003232110p:plain

 

こんな数あるスパイスのうち、カレーの基本となる主なスパイスを紹介します。

 

ターメリック

日本ではウコンとも呼ばれ、土っぽい香りとコクがあり、ほろ苦い味を出します。カレーを黄色に直食するの最も基本となるカレースパイスです。

 

コリアンダー

よくタイ料理で知られているパクチーの葉と種子をすりつぶしてパウダー状にしたのがコリアンダーです。甘くオレンジ・レモンのような癖のある香りで、カレーには欠かせないものです。

 

クミン

カレーの香りを作り出すのがクミンです。カレー以外にも様々なアジア・エスニック料理にも使用される香りづけ・苦み・辛味の基本となるスパイスです。

 

カルダモン

生姜の仲間でもあり、すっきりとした香りと苦みを感じさせるスパイスです。実は、バニラとサフランに次いで、世界で三番目に高い香辛料です。少量でも強い香りづけが可能です。

 

オールスパイス

ナツメグ・シナモン・クローブの三種の重要スパイスの香りが合わさったような香りがするため、オールスパイスという名前が付けられました。万能スパイスのため、カレーにとどまらず、世界各国の料理に活用されています。

 

カレー粉の作り方 

 

それでは、これら20種のスパイスを使用してカレー粉を作っていきます。

 

1)ターメリックを極弱火に温めた鍋に入れて、約30分ほどじっくりと加熱します。黄色だった粉が徐々に鮮やかなオレンジ色に変わっていきます。鍋の底でスパイスが焦げないように注意しましょう。

 

f:id:miholly:20201003231059j:plain

 

2)ターメリックを温めている間に、他のスパイスをすべてこして混ぜ合わせておきます。これをやるときは、本当にたくさんのスパイスの香りでかなりの刺激ですよ!

 

f:id:miholly:20201003231115j:plain

 

3)温めたターメリックに残りのスパイスを加えて、全体をかき混ぜながら更に5分ほど温めます。この時も焦げないように注意してください。
 

f:id:miholly:20201003231132j:plain

 

均一に混ぜ合わせたらこんな感じになります↓

 

f:id:miholly:20201003231150j:plain

 

4)自家製カレーパウダーの完成です!あんなにたくさんのカラフルなスパイスでしたが、最終的に思い描いたような茶色のカレー粉になりました。

 

f:id:miholly:20201003231222j:plain

 

あとは、このカレー粉を日の当たらない場所にずっと保存しておきます。2~3か月かけてカレー粉が熟成されていくみたいですよ。みほーりーは、空いたコーヒーの缶に入れて保存をしていますが、時々転がしてあげてスパイスを混ぜた方がいいようです。

 

数か月って長い!ですよね。。気長にまってみようと思いますが、早く自家製カレー食べたいし、途中でもどんどん使おうと思っていますが!

 

まとめ

 

今回は、 自家製カレー粉の作り方について紹介させていただきました。たくさんのスパイスがまとめられているセットを使用すれば、簡単に作ることができますよ。

 lohaco.jp

 

一度に約300gとかなりたくさん作ることができますが、数か月単位で熟成が進んで、味もより深く変化していくということなので、長く変化を楽しみながら使用できるんじゃないかなと思います。

 

さて、自家製カレー粉ですが、もちろんこれで試したいのはカレーですが、それ以外にも、臭み消し&風味付けにアジのカレーフライなんかもできますし、野菜炒めに使ってもOK、肉料理にも使用することでエスニックな風味に仕上げることができます。

 

実際のカレーについては、また別の記事で是非紹介していきたいなと思います!

 

いつもの食卓に一振りでスパイスを与える自家製カレー粉。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、また(^^)/