Miholly Times

京都から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

お気に入りのコーヒー豆!選び方のポイントをご紹介

こんにちは、みほーりーです😀


コーヒー好きな皆様、またはいつもインスタントコーヒーを飲んでいるけど、

これから少しこだわってみたいと思う方もたくさんいらっしゃると思います。

 

f:id:miholly:20200419112241j:plain 

 

でも、コーヒー豆って本当にたくさんの種類があるし、

なかなか選ぶのも大変そうとおもいませんか。

 

そのような方へコーヒー豆の選び方のサポートになればと思って、

下記のような方々へこの記事を書いています。

  • コーヒーにこだわりたい、お気に入りを見つけたい
  • コーヒー豆の種類が多すぎて選べない
  • 自宅カフェタイムをより充実させたい

せっかく美味しいコーヒーを飲むのであれば、

少し選び方もこだわってみるとより楽しめると思いますよ。

 

まずは、選び方の大きな切り口を知ることが大切ですので、

下記の流れに沿って、説明させていただきますね。

 

目次:コーヒー豆を選ぶ切り口

      1. アラビカ種かロブスタ種
      2. ストレートかブレンド
      3. コーヒーベルト
      4. 主な産地
      5. ロースト具合
      6. まとめ

 

アラビカ種かロブスタ種

世界中で生産されるコーヒー豆には、

大きくアラビカ種ロブスタ種に大別されます。

 

まず、アラビカ種は高地で主に栽培され、コーヒー豆栽培量の約7割を占めます。

高地での栽培のために気温がひくく、実がゆっくりと熟します。

香り、風味、酸味に優れており、産地によっても個性的な味が表現されます。

 

スターバックスタリーズ・カルディーなどのコーヒー専門店で使用される

コーヒー豆のほとんどはアラビカ種です。

 

これに対して、ロブスタ種は低地で広範囲な場所での栽培が可能で、

アラビカ種よりは雑味のある味となります。

ブレンドコーヒーやインスタントコーヒーにもよく使われます。

一部、専門店でもロブスタ種をブレンドさせてより重厚な味わいを、

持たせたコーヒー豆もありますよ。

 

なので、もしご自宅でコーヒー豆を楽しみたい場合は基本的には、

アラビカ種の豆の中から選ぶのがポイントです。

 

 

ストレートかブレンド

 

まず、ストレートコーヒーは単一産地で収穫した豆のみを使用していますので、

産地の個性がよりはっきりと強調されます。

 

これに対してブレンドコーヒーは複数の産地の豆をミックスさせますので、

複雑な味わいを楽しむことができます。

 

お気に入りのお店のブレンドを探してみたり、色々な産地の味を比べてみるのも、

いいですね。

よく専門店には定番の「ハウスブレンド」という、

日常的に飲むのにちょうどよいマイルドな味わいのブレンド

用意されていますので、初めにチャレンジするのにはおススメですよ!

 

f:id:miholly:20200419112517j:plain

スターバックスのハウスブレンド

 

お気に入りのブレンドを見つけたあとは、

様々な気になった産地のストレートコーヒーを試していく、

というステップで少しづつ試してみるのがよいのではないでしょうか。

 

コーヒーベルト

 

コーヒーの産地の話をする前にまずは世界のどんな地域で

コーヒーが栽培されているのか確認しましょう。

 

赤道をはさみ、南緯北緯25度付近まで地帯はコーヒーベルトと呼ばれて、

コーヒー豆の栽培に適した土地が多くあります。

 

f:id:miholly:20200419112251j:plain 

 

コーヒー豆の主な産地

 

コーヒーベルトの中には、さまざまな産地があります。

ストレートコーヒーに挑戦する方々は、産地別の味の特徴をおさえておくと、

選びやすくなりますよ。

 

コロンビア/ブラジル/グアテマラなど、アメリカの中南米周辺国。

 味を一言で・・・「香ばしい風味とさわやかな酸味」 

 

ケニアエチオピアタンザニアキリマンジャロ、等のアフリカの国々。

 味を一言で・・・「フルーティーな甘酸っぱい香りと目が覚めるような酸味」 

 

スマトラ/ジャワ島/パプワニューギニアなどの東南アジア周辺国。

 味を一言で・・・「濃厚なコクとしっかりした苦み、酸味は抑え目」 

 

比較的に飲みやすいのは中南米産だと思いますが、

気分に合わせて色々な産地を試してみてください。

 

ロースト具合

 

コーヒーを煎ることをローストといいますが、

ライトロースト(浅煎り)からそしてイタリアンロースト(深煎り)まで、

9段階のロースト具合に分かれていて、焙煎する長さによって、

豆の味も風味も変わっていきます。

 

f:id:miholly:20200419112344j:plain

 

 

一般的に、浅煎りだと酸味が強めでなりますが、ローストを強めていくと、

次第に酸味が抜けて香ばしさや苦みが強くなっていきます。

 

深煎りになると苦みは増しますが、

ミルクと合わせることによりほのかな甘みにもなります。

 

コーヒー屋さんのラテやカプチーノなど、スチームしたミルクを使う

ドリンクもエスプレッソコーヒーに使用しているコーヒー豆は、

エスプレッソローストなどの深煎りが多いです。

もし、ミルクを入れてカフェオレにするのが、好きでしたが、

深煎りの豆を選んでみるのもいいですね。

 

 

まとめ

 

ここまでコーヒー豆を選ぶ切り口を紹介してきました。

いつも何気ねなく購入しているコーヒー豆を選ぶ際に、

この切り口を頭に入れておくだけで、コーヒー選びが楽しくなると思いますよ。

 

ちなみに、みほーりーが最近好きなコーヒー豆は、

スターバックスのカフェベロナです。

少し強めなロースト気味で、ミルクを入れてカフェオレにしたときの

甘い味わいが気にっています。

 

皆さんも大好きなコーヒー豆が見つかるといいですね

 

それでは、また😀