Miholly Times

京都から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

おうちご飯・自炊を楽しみませんか?

こんにちは、みほーりーです!

 

自宅にいることが多くなっている近頃、

自炊をしたい、おうちご飯を充実させたいとは思いつつも、なかなかうまくいかない、

続かないと感じてしまうことはありませんか。

 

  • 手順がイメージできない
  • 献立を考えるのが大変
  • 時間がない
  • 必要な食材がない
  • 食材の賞味期限を考えるのが面倒
  • 食器を洗うのが面倒

。。など、考えただけでも嫌になる理由はたくさんあります。

 

f:id:miholly:20200422083630j:plain

 

みほーりーはもちろん外食も好きですが、

なるべく自炊を心掛けて(夫婦で協力しながら。。)なんとか継続し、

今ではそれを楽しいと思えるようになってきました!

 

なぜそのように思えたのか振り返ってみたので、

ポイントを共有したいと思います。

 

目次

 

 

 

「美味しい!」自炊した料理は美味しい

 

これが一番大事だと思います!

 

自炊して作った料理が美味しいこと。これが一番です。

簡単で美味しいその料理のコツはこれからブログで紹介していきたいと思います。お楽しみに!

 

もし失敗しちゃった。。と思ってたとしても、

明日の料理は今日より確実においしいはず!

 

 

うまくいったことはメモに書き留めて蓄積していくのもよいですし、

SNSで発信してみても楽しいですね。

みほーりーは、料理して気づいたことをオリジナルレシピ帳にどんどんメモしています。

 

「新鮮!」素材は良いもの選ぶ 

 

自炊する場合は、使用する食材や調味料を気に自分で選ぶことが

できるのが最高です。

安全安心はもちろん、外食ではなかなかのお値段がしてしまう良い食材や調味料を使用することもできるのでプチ贅沢もできますよ。

 

みほーりーはできるだけ手順はシンプルで、最高においしい!と感じられる料理を

目指しているので、素材はできるだけ新鮮で旬のものを選ぶことを心掛けています。

 

と言ってもそんなに難しいことではなくて、

例えば、みほーりーの大好きなメニューでかぼちゃのポタージュがあるのですが、

スーパーでは固くて、できるだけ濃いかぼちゃ色を選びます。

パタージュの味付けは塩だけなのですが、これはもう、どのかぼちゃを選ぶかで甘さやコクが驚くほど変わるんです。野菜売り場で、かぼちゃを選ぶのには気合をいれますよ(^^)/

 

「簡単!」料理の手順をシンプルな型にまとめる

 

 料理をするにしても、「大変だな」とか「うまくできるかな」とか、

ネガティブな気持ちをもってしまうと、始めることすらできません。

さらに、料理の手順をみると面倒だなと重い腰があがらないこともあると思います。

 

そこで、みほーりーがおススメしたい考え方は、

どんな料理も基本的には次の3つの型にまとめられるということです。

 

  • 食材を整える(洗う、切る)
  • 味つけする
  • 加熱する(焼く(炒める)/煮る/蒸す/揚げる/茹でる)

 

カレイの煮つけを考えてみましょう。

 

<食材を整える>

・カレイの切り身の水気を取って、包丁で切り筋をいれます。

・生姜を輪切りにする

 

<味付けする>

 ・みりん、しょうゆ、酒を用意

 

<加熱をする>

 ・鍋に調味料とカレイを入れて煮詰める

 

こんな風にメニューの手順を3つの型で考えてみると、

例えば味付けのみりん・しょうゆ・酒を一つの型と固定しておけば、

あとは食材と加熱方法を変えれば、ブリ大根にも、肉じゃがにも、照り焼きにもなります。 

 

 

「安い!」自炊をしたら他に使えるお金が増える

 

 

外食をするのに比べて、自炊をすると食費が節約できますよね。

 

 

外食すると、パスタにトマトソースといった簡単なスパゲッティランチでも1,000円前後、夕食だと最低1,500 - 2,000円はかかりますが、

 もしその分で食材を買って自炊したとすると、ローストビーフにポタージュスープ、サラダにコーヒーといった具合にとても贅沢なフルコースが作れちゃいます。それも食べきれないくらいの量!

 

当然毎日ローストビーフを食べませんから、普通に自炊していたら外食ベースの時より多く貯金できたり、他に使う予算に振り向けられたりとやりくりできるようになり嬉しいですよね。

 

 

まとめ

 

みほーりーも最初は自炊が面倒だなと思っていました。

でも、「安心安全な食材」で「簡単に」「美味しい」料理を作れて「節約」もできる! ことを実感できれば楽しくて仕方なくなってきました。

 

ぜひ、みなさんも自炊を継続して、おうちご飯を楽しんでみませんか。

 

それでは、また(^^)/