Miholly Times

関西から海外へ繋げながら、日々の生活を楽しくする経験を発信します

プリンは人を幸せにする!?ヘルシオで手作りする簡単、美味しいプリンを紹介します。

こんにちは、みほーりーです。

 

最近、手作りプリンにハマっています!ヘルシオで手軽に作れることがわかって以来、頻繁に作るようになりました。プリンは、つるんぷるんとした食感の滑らかさや楽しさ、スイーツの中ではヘルシーなので、食べると幸せな気分になるし元気が出る気がします。今回の記事ではプリンの作り方とその魅力について紹介していければと思います。

 

f:id:miholly:20210424153805j:plain

 

 

ヘルシオでのプリンの作り方

 

プリンの作り方は本当に簡単なんですよ!まずは必要な材料を確認します。

 

材料(小さいカップ4〜6個分くらい)

  • 卵 2個
  • 砂糖 大さじ2程度
  • 牛乳  250ML 
  • (お好みで)バニラエッセンス

  

普段冷蔵庫に入っているような材料でOKなんです。材料が準備できたら、ボウルに入れて混ぜ合わせます。

 

f:id:miholly:20210424153533j:plain

 

混ぜ合わせたら、濾しながら耐熱容器注いでいきます。そのあとは、ヘルシオで90度の設定で15-18分ほど蒸します。ヘルシオでなくても、スチーム機能のあるオーブンだったら良いですね。

 

大事なのは温めすぎないこと!!温めすぎると固くなって食感が損なわれてしまいます。実際には、容器にどれくらい注ぐかや、一度にどれくらい蒸すかによっても出来上がりが変わりますので、確認しながら何度か試してみてください。

 

出来上がったら、まずは容器を冷ましてから冷蔵庫で保存して完成です!30分もかからずにできちゃいました(^^)/

 

f:id:miholly:20210424154005j:plain

 

素材にこだわってみる

 

せっかくの手作りなので、色々と素材にこだわってみて、味の変化を楽しむのもおすすめです。みほーりーはプリンの手作りを始めてから、卵を産地直送のを選んでみたり、牛乳も少しこだわって選び味の変化を楽しんでいます!

 

特に最近は、搾りたてに近い美味しさのノンホモジナイズドミルクを試してみたらこれがまた濃厚で美味しくて、早速リピーターになっています!プリンをきっかけに、いつもの食材の美味しさにも気づくことができてるかなと思います!(そのまま飲んでも味の違いは際立っています)

 

あと、プリンが日常的に食べられるものになったので、その分ちょっと砂糖を控えめにしたり等、試行錯誤を続けてます!美味しさに影響するのは、甘さよりもむしろプルプルの食感じゃないか。。とも思い始めています。(私は卵2個に対し大さじ1、小さじ1の砂糖でもギリギリOKでした!)

 

トッピングを変えてみる

 

プレーンのプリンが作れるようになったら、気分に応じてトッピングで変化を出してみましょう!

 

例えば、これが一番ベーシックなプリンです。

 

f:id:miholly:20210424153859j:plain

 

みほーりーが一番おススメするトッピングは苺です(^^♪

甘くてほんのり酸味がある苺とプリンを一緒に食べると絶妙に合います!!!苺の自然な甘酸っぱさがあるから、プリン自体はそこまで砂糖を使わなくても十分美味しく頂けます。これを発見してから、買い物に行くときはまず苺が目に留まるようになっています(笑)

 

f:id:miholly:20210424153922j:plain

 

更に、トッピングとしておすすめなのがコーンフレークです。苺とも合わせてあげると、サクサクした食感がプラスされてこれまた美味しいです。プリンの甘さも控えめなら朝ご飯の時でも結構マッチします。 

 

f:id:miholly:20210424153939j:plain

 

あとは誰もがやりたいカラメルを作ったり、クレームブリュレのようにしてみたいというのはありますけど、これは少し難易度が上がりますので、継続研究です!(スプーンを使ってクレームブリュレは、引っ付いたりしてなかなか難しかったです笑)

 

この他にもいろいろなアレンジができそうですし、これからも楽しみです(^^♪

 

容器を変えてみる

 

みほーりーは最初は耐熱性の容器でプリンを作っていたのですが、試しにいつも紅茶やコーヒーを飲むために使っているBODUMのダブルウォールグラスを使ってプリンをヘルシオで作ってみました。すると、15分ではなかなか固まらず、更に延長して1時間くらい蒸したらところで、いい感じに出来上がりました。

 

それで一口食べてみると、驚くくらいなめらかでトロトロなプリンになっていて感動しました。恐らくダブルウォールガラスだと熱は耐熱性容器よりも通さないため、ゆっくりとスロークッキングで調理できたんだと思います。何より、飲み物の容器がデザートに使えると分かったことも嬉しかったです。ダブルウォールグラス、おすすめですので、是非チェックしてみてください!

 

 

驚くべきプリンの魅力

 

プリンってただのスイーツではなくて、どこか惹きつけれられる魅力がありますよね。そんなプリンの魅力について紹介していきます。

 

気持ちも疲れも一気にほぐれる

 

すごく疲れた一日で今日はもう元気がない...と感じているとき、冷蔵庫からプリンを取り出して一口食べるだけで、なんかすごく気持ちも疲れもほぐれる気持ちになるんですよね。なんででしょうか、たぶんあのプルンプルンとした食感がちょっとした特別な気分にさせてくれるのかもしれません。

 

 見た目が華やかで癒される~

 

プリンは食卓に乗せてただけで、華やかになりますよね。いつものティータイムでも、最近はプリンを中心にアレンジしてみると、それだけでもかわいくて癒されます。。!美味しさだけではなくて、癒しもイチオシなデザートですね。 

 

f:id:miholly:20210424154046j:plain

 

意外とヘルシーなんです!

 

スイーツと聞くと大抵、甘くて美味しいけれど、小麦粉、砂糖やバターをたくさん使っていて、食べすぎてしまうと少し罪悪感を感じてしまいますよね。最近スコーンを作ったのですが、8個のスコーンに対して50グラムのバターを入れるのはかなり罪悪感を感じましたよ。笑

 

でも、プリンって作り方のところで紹介したように、主な材料は卵と牛乳と砂糖だけ!タンパク質とカルシウムもたくさん摂ることができるので、健康にもとても良いですよね。トッピング次第で砂糖は少なめで作っても十分に美味しいです。大さじ1、小さじ1にした場合、私はお玉一杯ずつ6つの容器にわけているので、たったの67カロリーです!嬉しい~!!

 

手作りプリン一個のカロリー(6等分した後)

卵:32カロリー (2個: 192カロリー / 6)

牛乳:26カロリー(250ml: 157カロリー / 6)

砂糖:8カロリー(大1 & 小1: 48カロリー / 6)

合計:67カロリー / 個

 

プリンって結構ヘルシーなスイーツだということがわかると思います!作るのも簡単なので、毎日食べても大丈夫(^^♪

 

まとめ

 

最近のみほーりーの生活に無くてはならない存在になったプリンの作り方と魅力について紹介させていただきました。プリンを中心にいつものティータイムも華やかになって、小さな楽しみが増えたような気がしています。 これからもプリンの新たな魅力を発見するのが楽しみです。

 

簡単に作ることができるので、ステイホームの時間を楽しく活用する!ということで、是非皆さんも試してみてくださいね。

 

お鍋でもプリンは作れると思いますが、ヘルシオを使うとスイッチ一つで簡単に作ることができるし、プリン手作りのきっかけを与えてくれたなと思っていますよ。 

 

最近のツイッターでのツイートは投稿が本当にプリン祭り(笑)になってしまっていますが、よかったら見てみてください!

 

それでは、また(^o^)